不動産オーナー様へ

sozai1入居者が退去した際は必ず原状回復工事を行ないますが、単純に、入居前の状況に戻すだけで十分とは言えません。築年数が経過すると、少なからず住居としての人気は落ちてしまうため、場合によっては内装を全面リフォームするなど、入居率を高めるための工事が必要になる場合もあります。

ファーストフォルムでは、一般的な原状回復工事はもちろんのこと、多くの施工経験をもとに、オーナー様が心配されている入居率を上げるための、お部屋の付加価値を高めるリフォームのご提案をさせていただきます。

主な原状回復工事

  • 壁紙・クロス・床材の張替え

日常生活で欠損したり、タバコなどにより汚れてしまったクロスを張替えます。 壁紙と床材は、視覚の大半を占めるため、少しデザインの珍しいものに変えるだけでデザイナーズルームのような見栄えになったりと、印象が大きく変わります。

  • ふすま・障子・畳の張替え

和室がある住居では、長年使用していると、どうしても摩擦や生活環境により変色してしまいます。新しいものに張替えることで、お部屋に明るい印象をもたらすことができます。

  • ハウスクリーニング

リフォームのみでなく、ワンストップでハウスクリーニングを請け負うことも可能です。提携している清掃業者が、フローリングや水回りなど、隅々まできれいにお掃除いたします。

  • 塗装工事などの営繕

内装のリフォームの後は、ちょっとした外装の修繕も。日光などの影響で、ペンキが浮き上がってきてしまっている箇所も少なくないかと思います。そういった細やかなところまで気配りし、きれいなお部屋作りのお手伝いをさせていただきます。